お金を借りる人の特徴

標準

現在では、長く続く不況や雇用制度の変化により個人の年間所得が年々減少しているのでお金を借りる人や多重債務者が増えるのは仕方無いと考える人が多くいますが、お金借りたい人には幾つかの特徴があります。1番最初に頭に浮かぶ人物像は、ギャンブルが大好きな人がイメージされますが、ギャンブル依存症の人は意志が弱い等の性格の問題ではなく、脳がギャンブルだけに過剰に反応する脳機能の障害であり、最早特徴では無く病気です。次に浮かぶ人物像は、節約を貧乏臭いと考え無意味に見栄を張り、収入以上の贅沢を当たり前の様にしてしまう人です。このタイプの人物は、お金を借りる人に最も多く、平然と小さな嘘を繰り返す人や八方美人な上に人に流される優柔不断な人、自己中心的に振る舞った挙句に周囲の人や赤の他人に責任転換する人、自分の感情のコントロールが満足に出来ない人などに多く見られます。更に詳しく言えば、転職経験が豊富な人や各種の納税滞納者、度重なる離婚経験者、友人に借金を申し込める人などです。一言で言えば、自分に甘いだらしない人と言えます。しかし、金融機関や金融業者はだらしない人には追加の貸付を行なわないので莫大な額の多重債務者になるリスクは少ないのですが、倫理観や責任感の強い人、仕事が出来社会的に信用度の高い人に対しては金融機関や金融業者は追加で多額の貸付を行うので、莫大な額の多重債務者に陥ってしまうケースが多くあります。